債務整理Book借金問題に本気で取り組むために!大阪、京都、千葉、東京には弁護士事務所、法律事務所に相談

誰でも、辛い状況から逃れたいものです。精神的、経済的な圧迫からの脱却を計り、生活を立て直しましょう!多重債務からの債務整理、過払い、自己破産、任意整理

交通事故慰謝料での弁護士基準

交通事故慰謝料の請求基準のひとつに、弁護士基準があります。これは、弁護士が代理人となって、相手保険会社との交渉や裁判を行う場合に請求する慰謝料の相場のことを指します。

弁護士に依頼せずに個人で交渉を行っている場合、提示された交通事故慰謝料額は弁護士基準を大幅に下回っていることが多いです。つまり、弁護士に依頼する手数料などを差し引いても、弁護士に依頼した方が手元に入ってくるお金が高いことが多いのです。保険会社によっては弁護士特約といって、費用を一部負担してくれるオプションが付いていることもあります。

交通事故慰謝料の算出基準について

交通事故慰謝料の算出基準には大きく分けると3つの基準があります。自賠責基準、任意保険基準、そして弁護士基準です。弁護士基準は、常に更新されており、過去の判例から算出しますので、1番高額の算出基準です。

そして、任意保険基準、自賠責基準の順に算出額が少なくなるのが一般的です。そのため、交通事故慰謝料を上手に請求するためには、保険会社の言いなりになるだけでなく、納得のいかない場合は信頼できる弁護士などを利用することが重要になります。なお、弁護士によって算出額も異なることがあるので、複数に無料相談をすることも一つの手です。

交通事故慰謝料の相場について

入通院慰謝料、後遺傷害慰謝料、死亡慰謝料などを足した慰謝料のことを交通事故慰謝料といいます。これには算出の基準があり、その方法が開示されている自賠責基準では、入通院慰謝料は、4,200×治療期間×2の金額になります。

また、後遺傷害慰謝料は等級が認定されたものに対し支払われるもので、14級から1級まで度合いにより変わります。しかし、算出の方法が公開されていない基準である任意保険基準と弁護士基準では、それよりも高額になります。中でも弁護士基準は、弁護士に算出してもらったり示談交渉をしてもらうことで、自賠責基準の倍以上の金額になることがあります。

交通事故慰謝料は基準によって貰える額が変わります

むちうちを患っての交通事故慰謝料請求出来る相場は大きく分けて3通りあります。自賠責、任意保険、弁護士基準の3通りです。交通事故の被害に遭った時には、保険会社が自賠責基準、もしくは任意保険基準のどちらかを適用します。

120万円以下なら自賠責、120万円超ならば任意保険基準となります。1つ目の自賠責基準での慰謝料は、入通院日数と治療期間から算出します。2つ目の任意保険基準は、月数から計算します。しかしそのどちらの請求金額も最低限の金額でしかありません。しっかりと納得の行く金額を請求ために、裁判や弁護士に依頼など面倒な事も多くありますが、弁護士基準を採用して請求する必要があります。

それぞれの基準がある交通事故慰謝料

交通事故にあってしまった場合において、一番多い怪我の基準になるのがむちうちです。このむちうちに関しては、事故当初になんともなくても後から痛み出すようなこともあります。また、後遺症になってしまった場合にも交通事故慰謝料は変わってくることでしょう。

交通事故慰謝料に関しては、弁護士基準や任意保険、自賠責保険などの基準がありますので、その基準によっても変わってくることがあげられます。専門的な要素を含む部分でもありますので、交通事故弁護士に対応してもらうのが安心でしょう。万が一、何か起こった場合にも迅速に対応をしてもらえるでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

つらい多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理に関する記載は参考程度でお読みください。

多重債務、過払い請求、債務整理、自己破産、任意整理についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸には信頼できる多くの弁護士事務所、司法書士事務所があります。

多重債務や債務整理や過払い請求や自己破産や任意整理以外のお問い合わせはこちら