債務整理Book借金問題に本気で取り組むために!大阪、京都、千葉、東京には弁護士事務所、法律事務所に相談

誰でも、辛い状況から逃れたいものです。精神的、経済的な圧迫からの脱却を計り、生活を立て直しましょう!多重債務からの債務整理、過払い、自己破産、任意整理

正当である金額を受け取りたい弁護士基準での交通事故慰謝料

避けたくても起きてしまうのが交通事故ですが、そうした場合に被害者には交通事故慰謝料が支払われます。被害者においては、正当である金額を受け取りたいと思うことでしょう。むちうちなどの症状においても、慰謝料の基準によって金額が変わってしまいます。

一番良い基準は裁判所などで出ている弁護士基準ですが、なかなか弁護士基準にするのはむずかしく、任意保険や自賠責保険などでの基準が定められてしまうようです。万が一、交渉がなんこうしてしまうようであれば、交通事故弁護士に依頼をおこなうことで解決できるかも知れません。

支払い基準がある交通事故慰謝料

あまり知られていませんが、実は交通事故にかかる交通事故慰謝料には支払い基準があります。3つの基準から考えられていて、弁護士の考える弁護士基準の他に、任意保険や自賠責保険が考える基準などがあります。

弁護士基準は一番高い基準になりますので、少しでも慰謝料を引き上げたいのであれば、弁護士に依頼をすることで慰謝料を引き上げることが可能になるでしょう。むちうちなどの一見軽い症状においても、後遺症などが残った場合にはそれなりの慰謝料を受け取ることとなります。不安や疑問があるのであれば、弁護士などに対応を依頼すべきでしょう。

それぞれの基準が設けられている弁護士基準での交通事故慰謝料

交通事故にあった際には多くの人が自分だけで、交渉を進めてしまうようです。しかしながら、それは非常に勿体無いことでしょう。何故ならばその交通事故慰謝料にはそれぞれの基準が設けられているからです。

むちうちなどの症状においても、弁護士基準なのか、任意保険や自賠責保険での基準なのかで受け取れる金額は大きく変わります。正当な金額を受け取るためにも、自分だけで交通事故慰謝料の交渉をおこなうのではなく、交通事故を熟知している交通事故弁護士などに依頼を行うようにしましょう。そうすることで良い成果を得られることでしょう。

交通事故慰謝料は基準が違えば請求額も変わる

交通事故に遭いケガをしたとき、それの通院費や治療費がかかったり、精神的苦痛を受けたりするので、事故を起こした相手から交通事故慰謝料をもらうことができます。その場合には金額を設定するには基準があり、どれを用いるかで金額もかなり変動してきます。

最低限の慰謝料額になる自賠責基準では、計算方法が定められていて、最高額でも120万円になります。軽傷である場合に多く用いられます。一方、弁護士基準は自賠責基準よりも、高額で請求することができます。重傷で生活に不便なことが多いときや死亡事故などの場合は、弁護士に依頼して、交通事故慰謝料を請求しましょう。

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
津田沼駅から2駅で千葉駅
船橋駅から3駅で千葉駅
市川駅から4駅で千葉駅
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

交通事故慰謝料関連

つらい多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理に関する記載は参考程度でお読みください。

多重債務、過払い請求、債務整理、自己破産、任意整理についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸には信頼できる多くの弁護士事務所、司法書士事務所があります。

多重債務や債務整理や過払い請求や自己破産や任意整理以外のお問い合わせはこちら