債務整理Book借金問題に本気で取り組むために!大阪、京都、千葉、東京には弁護士事務所、法律事務所に相談

誰でも、辛い状況から逃れたいものです。精神的、経済的な圧迫からの脱却を計り、生活を立て直しましょう!多重債務からの債務整理、過払い、自己破産、任意整理

交通事故慰謝料の請求なら弁護士基準での決定がおすすめ

むちうち交通事故被害に遭った時の交通事故慰謝料で請求できる金額の相場には、任意保険と自賠責基準、さらに請求金額の高い弁護士基準の3通りがあり、それぞれの基準をもとに決定します。

一般的に保険会社の提示する額は、自賠責か任意保険をもとに決定するので、最低限の金額しかもらうことが出来ません。いくら素人の私達が説得しても、相手はプロなので、簡単に弾き飛ばされます。保険会社も利益が必要なので、損をする支払いを簡単にする事が無いからです。しっかりと納得できる請求金額にするためには、こちらもプロの弁護士に依頼し、弁護士基準での請求を必要とします。

交通事故慰謝料の種類と現状

交通事故慰謝料の内訳として、被害に遭った本人に後遺症として障害が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料、ケガを負って入院や通院にかかった費用や精神的な負担を強いられたことに対する入通院慰謝料などがあります。

後遺障害については、認定される条件や等級によって金額が変動することもあり、認定された場合にはスムーズな支払いが期待できます。また、入通院慰謝料については、一般的な知識も少なく、被害者自らが保険会社との交渉をするのが難しいため、不満があっても言えずじまいになることもあります。そのため、両者とも弁護士を仲介し、弁護士基準で算定してもらうほうが効果的です。

交通事故慰謝料の解説

交通事故の被害者になった場合、相手や相手が加入している保険会社に慰謝料を請求できます。交通事故慰謝料は、様々な賠償請求の総額を指しています。例えば、入院や通院の際にかかった治療費、物損事故での補償、精神的苦痛に対するなど、様々な項目のトータルになります。

慰謝料の総額についてはだいたいの相場が決まっていますが、自賠責基準と弁護士基準では受け取れる金額に数倍近く差がつくこともあります。弁護士基準の場合、過去の裁判でどのくらいの金額の慰謝料が発生したかを参考にして決めるので、一律計算の自賠責基準よりも金額が多くなるからです。

交通事故慰謝料の算出方法

対人事故では、民法における規定があり、加害者側へ損害賠償を求めることができます。優先されるのは自賠責基準ですが、それをカバーするための任意保険にも請求が可能です。

交通事故慰謝料の算出基準については任意保険会社も独自の基準を持っており、被害者の傷害の内容、入院および通院の状況などが算出要素になります。また、弁護士基準はあくまでも訴訟を前提とした要求基準で、保険会社の基準より高額になります。内容は一般に公開されているものもあり、保険会社の基準に近いものもありますが、過去の判例も参考にされており、自賠責の場合よりも倍の金額になることが多いです。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

つらい多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理に関する記載は参考程度でお読みください。

多重債務、過払い請求、債務整理、自己破産、任意整理についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸には信頼できる多くの弁護士事務所、司法書士事務所があります。

多重債務や債務整理や過払い請求や自己破産や任意整理以外のお問い合わせはこちら