債務整理Book借金問題に本気で取り組むために!大阪、京都、千葉、東京には弁護士事務所、法律事務所に相談

誰でも、辛い状況から逃れたいものです。精神的、経済的な圧迫からの脱却を計り、生活を立て直しましょう!多重債務からの債務整理、過払い、自己破産、任意整理

多重債務者と自己破産とその後

多重債務をかかえている人が自己破産の申請をして、無事に裁判で承認がおりると一体どういった人生がその後待っているのでしょうか?まずは自分の財産の差し押さえがあります。今現在あまり貯金がない人にはほぼ関係がないのですが、貯蓄が20万円以上ある人は20万円以上の部分が差し押さえになります。

また財産目録のときに持ち家を嫌いしているような人は、持ち家は差し押さえです。そういった時のために新しく家を借りておかなければなりませんので、いくらくらいの家にすればいいのかを弁護士さんなどに相談してみるといいでしょう。

自己破産で多重債務から逃れることが出来ます

多重債務で困っている方は、弁護士に相談をしてください。様々な手段を使いながら、借金生活から解放させてくれます。しかし、借金の額がとてつもなく大きい場合は、弁護士でも手が負えないこともあります。その場合には、自己破産をすることが出来ます。

破産宣告をするには、裁判所に借金の支払い能力がないことを証明して、認められた場合にのみ、借金を無かったことにすることが出来ます。全借金を無かった事に出来ますが、不動産や車などの財産は没収されてしまいます。破産後に築いた財産は、全て自分の物にすることが出来るので、人生を再スタートすることが出来ます。

自己破産と多重債務と準備するもの

自己破産を考えている多重債務者が自己破産をする時には、どういった書類が必要なのでしょうか?必要な書類は裁判所で入手するものと、添付資料の2種類です。まずは裁判所で入手する書類です。

破産申立書・免責申立書と、陳述書、債権者一覧表、資産(財産)目録、そして家計の状況です。これにプラスして、住民票と戸籍謄本、給与明細書の写し、源泉徴収票の写しなどが必要となってきます。この中でも一番厄介で、重要なのが陳述書です。これはどうして借金をしてしまったのかを記載していくもので、裁判官が判断をする資料になります。賃貸契約書の写しや、車検などの書類が必要な人もいます。

多重債務者と自己破産と期間について

多重債務の人が自己破産を申請してから全ての手続きが完了するまで一体どれくらいで終わるのでしょうか?あまり長引くようですとその間の借金の返済についてなど気になることが沢山出てきてしまいますよね。

まず自己破産の申請を出した時点で弁護士からそれぞれの借り入れ先にそういった申請を出していますよという連絡書が出ますので、その時点から催促の電話がくることがなくなりますし、もし電話が来たとしても、「弁護士さんに相談しています」と言えば問題なく進んでいきます。気になる期間ですが、短い人でも半年、長い人ですと1年ほどかかると言われています。

自己破産、多重債務なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]
https://www.jikokaiketsu.com/ [交通事故慰謝料や賠償金や後遺障害などの交通事故相談]
https://www.bgata-kyufukin.com/ [B型肝炎訴訟、給付金]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

多重債務、自己破産関連

つらい多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理に関する記載は参考程度でお読みください。

多重債務、過払い請求、債務整理、自己破産、任意整理についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸には信頼できる多くの弁護士事務所、司法書士事務所があります。

多重債務や債務整理や過払い請求や自己破産や任意整理以外のお問い合わせはこちら